本文へジャンプ
Top Top Top Top Top Top Top
TOP
HISTORY
VISION
SERVICES
ACCESS
STAFF
LINK
見樹院の沿革


 見樹院に伝わる記録等は、江戸時代以来の火災や太平洋戦争により焼失し、一部の過去帳以外は残念ながら現存しません。浄土宗全書・伝通院史その他古文書・書籍によると次のようになります。
見樹院の沿革  鎖国令の出た寛永10年(1633)9月16日、丹波国(京都府)桑田郡亀山城主大給松平左近将監源成重侯が卒し、その法名を見樹院殿覚誉円徹大禅定門と称して、小石川伝通院に埋葬しました。
 廷宝3年(1675)になり、後嗣である豊後国府内(大分市)城主大給忠昭が、見樹院殿霊位の追善供養のため、伝通院山内に、大給松平成重を開基とし、諦誉直絃上人を開山上人として迎え別院を建立、見樹院と称しました。
 これが現在の見樹院のはじまりです。以後、大給家代々の菩提所となると共に、伝通院の塔頭寺院となり、明治から今日に及び、現住職は第20世に当ります。
伝通院  伝通院は浄土宗関東18檀林筆頭の名刹で、その名前は、徳川家康の母お大の方の法名に由来します。檀林とは、僧が集まって学問をする場所です。
 伝通院もかつては1000人規模の学僧を擁し、現在の大正大学の基礎となったと言われています。徳川関係菩提寺や鎮守、学寮としてかつては山内にあった塔頭寺院はそれぞれ独立して、見樹院の他に8つの寺院が現在も残っています。
現在の見樹院  明治維新の廃仏棄釈、戦災等で往時の偲かげは失せてしまいました。関東大震災後、諸般の事情で寺域が縮小され、墓地がコンクリート製の堂内に納められたとき、多摩墓地などへ墓所を移転する檀家もありました。太平洋戦争後は、全檀家が協力し再建に着手し、1962年(昭和37)に基地改装工事以来、本堂、庫裡等の新築など復興に努め、浄土宗開宗八百年、見樹院創建三百年に当る1974年(昭和49)の記念すべき年に、昭和20年5月25日の空襲で焼失した戦前の見樹院の堂宇以上の床面積を持つまでに整備されました。
見樹院の檀信徒  以上のような歴史により、当院の古い檀徒は江戸詰の府内藩士及びゆかりの人、或いは水戸屋敷(後楽園は水戸徳川家下屋敷)が近かったので水戸藩士が多い様です。
 また、いわゆる地域に根ざした町寺ではありませんが、強い縁に結ばれた人々が長く寺を支えきました。現在は、東京を中心に関東一円から全国各地に檀信徒約130軒、400数十名が名前を連ねております。


大給松平成重
1594年(文禄3年) 生− 1633年10月18日(寛永10年9月16日)没
江戸時代前期の大名。松平一生(徳川氏の一族)の嫡男。
1604年、父の一生が死去したため、その後を継いで下野国板橋に1万石を領した。1614年、大久保忠隣改易の連座で里見忠義が改易されると、その城受け渡しと破却に務めた。同年冬からの大坂冬の陣では小田原城の守備を、翌年の大坂夏の陣では本戦に参加し、首級を12個挙げたという。
1617年、三河国西尾2万石に加増移封された。1621年、さらに2000石加増され、合計2万2000石として丹波国亀山藩に加増移封された。1626年、徳川秀忠・徳川家光父子の上洛に付き従った。
1633年9月16日、40歳で死去した。法名は見樹院殿覚誉円徹大居士。最初は深川の法禅寺に葬られたが、後に小石川伝通院に改葬されている。(ウィキペディアより引用)
見樹院殿の墓
(右は大給家代々の墓)

浄土宗について
宗 祖:法然上人(源空・1133〜1212)
総本山:知恩院(京都・東山)
大本山:増上寺(東京・芝)、光明寺(鎌倉)、善光寺大本願(長野)、百万遍知恩寺(京都)、他
末 寺:全国約7000か寺、都内約430か寺
教 え:阿弥陀如来の救いを信じ「なむあみだぶつ」の念仏をと
なえることにより、どんな罪深い人でも極楽に往生することができるとします。万物宇宙のおかげに感謝し、自分自身をみつめ、明るく正しく仲良く生きる生活をすすめています。